きんぎょの高配当投資で配当生活を目指すブログ

株で配当生活を目論む、オスきんぎょです

【ETF列伝】1343 NEXT FUNDs 東証REIT指数連動型上場投信 の評価とまとめ

f:id:kinngyo92:20211205113158j:plain

分配金がガッポガポ!

 

こんにちは!
きんぎょです。

 

今日ご紹介するETFはこちらです!


1343 NEXT FUNDs 東証REIT指数連動型上場投信

 

 

 

安定的な分配金の魅力

 

皆さんの投資での目標は何ですか(^^♪

値上がり益にかけた「人生一発逆転!」キャピタルゲイン重視派ですか?

 

それとも、配当株をコツコツ買い増して「配当生活達成」のための、インカムゲイン重視派ですか?

 

きんぎょの目標は、ブログタイトルにもある通り、「高配当投資で配当生活を目指す」なので、当然インカムゲイン重視です!

 

そして「配当生活」を満喫するために、きんぎょが取り組んでいることが・・・


それは「毎月配当金をもらうこと」です!

 

毎年1月に配当金120万円貰うのと、毎月10万円ずつ貰うのとは、金額は同じですが、心の安定度合いが全然違います。


やはり、毎月定期的に収入が入ってくるということが、如何に偉大か・・・

 

そのためには、当然ながら分配金を受け取る「分配月」を分散させ、毎月が分配日になるように調整しなくてはなりません。

 

しかし、日本の個別株は大体年2回で「3、9月決算」ばっかりだし、東証ETFも決算期が似たり寄ったり・・・


しかも分配金にばらつきが大きい!

 

そんな中で「年4回」の分配を誇り、定期的な分配金を期待できるのが「東証REIT」銘柄!

 

REITの単体銘柄を上手に組み合わせれば「毎月が分配日」、な~んてことも可能です!

 

すご~い!
毎月分配なんて夢みたい!

 

しかし、REITは高い!高すぎる!

1株単位で買えるのはいいが、単価がべらぼうに高い!

 

星野リゾートとか買いたいけど・・・

1株60万以上はさすがに手が出ない、ナンピンもできないし・・・

 

そんなあなたにオヌヌメなのが、東証上場のREIT銘柄を詰め合わせた「東証REITのETF」なのです!

 

そして、東証には「東証REITのETF」が15銘柄ぐらいが上場していますが、今回紹介する「1343 NEXT FUNDs 東証REIT指数連動型上場投信」は、ダントツの規模と流動性を誇る、最強ETFなのです。

 

 

ETFの情報

 

早速、当ETFの情報を見てみましょう。

 

1343 NEXT FUNDs 東証REIT指数連動型上場投信

・純資産額・・・約4000億円
・信託報酬・・・0.155%(税抜き)
・利回り・・・3.29%(2021.12.02時点)
・決算期・・・2・5・8・11月

 

う~ん
いいねぇ(*´ω`*)

 

何といっても信託報酬が最安!

投信で最安の「eMaxis Slim」でさえも、0.17%(税抜き)ですからね。

 

このクラスであれば、安心して長期的に保有できるってもんですよ!

 

しかも、もともとこのETFの信託報酬は0.32%だったのですが、昨今の手数料情勢を鑑み(たのかは分かりませんが)最近、信託報酬の改定があり、0.155%という最安値に引き下げられました。

 

既存の保有者にも配慮して、きちんと商品の魅力度を上げてくれる・・・

最近のNEXT FUNDsさんの姿勢には好感が持てます。

 

そして分配金も「年4回」もらえるのが最高!


他の銘柄とうまく組み合わせれば、毎月分配金を得ることも可能です。

 

純資産額も東証REIT商品の中では最強の「4000億円」!


繰り上げ償還の心配もないでしょう。

 

一つだけ残念なことは、買い付け単位が10株からだということ。


要するに、一回買い付けるのに約2万円かかってしまうことが、小額投資家にとってはネックです。

 

しかし、SBIネオモバイル証券を利用すれば端株で取引し放題なので、取引単位がネックになっている方は、是非SBIネオモバイル証券で買い付けてはいかがでしょうか?

 

また、ほんの少しだけ信託報酬が上がりますが、どうしても1株単位で取引したいという方は、「1476 iシェアーズ・コア JリートETF」もオヌヌメです。

 

こちらは信託報酬が0.16%と、NEXT FUNDsには負けますが、誤差の範囲でしょう。


純資産も3000億円以上あり、業界2位のポジションを確実なものにしています。

 

 

リートの魅力、分配金の破壊力とは!?

 

リート市場の魅力の一つとしては、やはり何といっても定期的な分配金を得ることができることです。

 

そんなリート市場に投資をするのに、無分配の投資信託を買い付けるなんて非常にもったいありません。

 

是非皆様も、リートはETFにて投資するのをオヌヌメしたいです。


安定的に分配金が入金されていくことほど、嬉しいことはありません。

 

きんぎょのポートフォリオは、1割以上をリートが占めていますが、現在リートだけでも分配金が5000円ぐらい入ってきます。

 

年4回なので2万円です。

 

リートは毎週買い増しているので、将来的には雪だるま式に増えていくでしょう。

 

また、東証リートETFは、決算期が異なる各社のETFが何本も上場しており、うまく分散投資を行えば、東証リートETFだけで毎月分配金を得ることが可能です。

 

例えば以下の3種類に投資をすると、毎月分配を得ることが可能です。
※()内は決算期

 

・1343 NEXT FUNDs(2・5・8・11)
・1488 ダイワ上場投信(3・6・9・12)
・2556 One ETF(1・4・7・10)

 

上記の3本とも、信託報酬が0.155%と同列最安値!

 

ダイワとOneは、流動性がNEXT FUNDsより若干少なめですが、数100万円を一気に売買しない限りは大丈夫でしょう。

 

 

まとめ

 

このように、東証リートETFを活用することによって、素晴らしい分配金ライフを満喫することが可能です。

 

また、東証リート指数自体も、コロナショックでの崩壊から急速に回復したとはいえ、いまだコロナ前の価格に達していないため、株と比べてまだ上値を追うことができるかもしれません。

 

皆様も、無分配の投資信託だけではなく、最強分配ツールのリートETFを利用して、分配金ライフを満喫してみませんか?

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com