きんぎょの高配当投資で配当生活を目指すブログ

株で配当生活を目論む、オスきんぎょです

複利は偉大! 投資家は時間を味方に資産を殖やそう! 「曽呂利新左衛門」に学ぶ、複利の逸話

f:id:kinngyo92:20220219212312j:plain

金魚も複利で殖えるよ!

 

こんにちは!
きんぎょです。

 

本日もネットサーフィンで見つけた、面白いお話をご紹介致します!

 

「複利は人類最大の発明である」と語ったのは、かの有名なアインシュタインですが、その複利の偉大さを物語る小噺を発見致しました!

 

日本の桃山時代の人物、
曽呂利新左衛門にまつわるお話です!

 

曽呂利新左衛門とは!?

 

まず初めに、
「曽呂利新左衛門」とは何者なのか?

 

誰やねん!?

 

Wikipediaにて確認してみましょう!

 

■曽呂利新左衛門とは?

豊臣秀吉に「御伽衆」として仕えたといわれる人物。

落語家の始祖とも言われ、ユーモラスな頓知で人を笑わせる数々の逸話を残した。

堺で刀の鞘を作っていた杉本新左衛門(坂内宗拾)という鞘師で、作った鞘には刀がそろりと合うのでこの名がついたという。

架空の人物と言う説や、実在したが逸話は後世の創作という説がある。

また、茶人で落語家の祖とされる安楽庵策伝と同一人物とも言われる。

 

御伽衆ってなぁ~に?
偉いの?

 

■御伽衆とは?

御伽衆(おとぎしゅう)は、室町時代後期から江戸時代初期にかけて、将軍や大名の側近に侍して相手をする職名である。

雑談に応じたり、自己の経験談、書物の講釈などをした。

 

側近的なポジションのようですね!

なかなかに偉そう(!?)です(^^♪

 

落語家の始祖といわれるだけあって、なかなかにユーモアのある逸話が残されているようですね!

 

・秀吉が、猿に顔が似ている事を嘆くと、「猿の方が殿下を慕って似せたのです」と言って笑わせた。

・御前でおならをして秀吉に笏で叩かれて、とっさに「おならして国二ヶ国を得たりけり頭はりまに尻はびっちう(びっちゅう)」という歌を詠んだ。

・ある時、秀吉が望みのものをやろうというとに「耳のにおいを毎日嗅がせてほしい」と願い、人々の前で口を秀吉の耳に寄せるようになった。大名たちは陰口をきかれたかと心落ち着かず、新左衛門に山のような贈物を届けたという。

 

なんだか側近というよりも、「道化役」といった方がしっくりくるかもしれませんね(^^♪

 

このように、数々のユーモアある逸話を残してきた彼ですが、その中に一つ、我々投資家にとって非常に馴染みのある、「複利」についての逸話が残されております!

 

それがこちらです!

 

複利の逸話とは!?

■複利に関する逸話

秀吉から褒美を下される際、何を希望するか尋ねられた新左衛門は、今日は米1粒、翌日には倍の2粒、その翌日には更に倍の4粒と指数関数の法則で日ごとに倍の量の米を100日間もらう事を希望した。

米粒なら大した事はないと思った秀吉は簡単に承諾したが、日ごとに倍ずつ増やして行くと100日後には膨大な量になる事に途中で気づき、他の褒美に変えてもらった。

 

いかがでしょう!
非常に面白い逸話ですね(^^♪

 

最初は「1粒」というちっぽけな内容でも、複利で運用していくことによって、最終的には莫大な資産を築くことができることを示唆しています!

※この逸話は「指数関数的な増加」であって、「複利」とは厳密には違いますが・・・(^^💦

 

この内容を、エクセルで計算してみると以下のような結果となります。

※長いので10日ごとにします。

日数 米粒
1日 1
10日 512
20日 524,288
30日 536,870,912
40日 549,755,813,888
50日 562,949,953,421,312
60日 576,460,752,303,423,000
70日 590,295,810,358,706,000,000
80日 604,462,909,807,315,000,000,000
90日 618,970,019,642,690,000,000,000,000
100日 633,825,300,114,115,000,000,000,000,000

 

なんと!

 

最初1粒だったお米が、100日後には

63穣3825秭3001垓1411京5千兆粒

という、途方もない数字になっているのです!

 

ひぇ~!
一体ご飯何杯なんやろ!?

1合は約6500粒だから、え~と・・・💦

 

かように、モノが雪だるま式に増えるという「複利的効果」は、時間経過とともに凄まじい威力を発揮するのであります!

 

資産形成の場合は!?

 

これを資産形成に応用してみましょう!

 

複利効果を利用して資産形成を行うとどうなるか・・・

SMBC日興証券の「金融電卓」が使いやすかったので、こちらでシュミレーションしてみます(^^♪

金融電卓・積立シミュレーター│投資信託│SMBC日興証券

 

■条件-1

①毎月「1万円」
②積立て期間「40年」
③想定利回り「5%」

元本「480万円」に対して、

運用結果

1526万円!

 

素晴らしい結果ですね(^^♪

 

投資金額としては、毎月「1万円」と控えめですが、40年間という時間を味方につけることによって、元本に対して約3倍の結果を得ることができています。

 

もしこれを、毎月「5万円」に変更すると、どのような結果になるでしょうか?

 

■条件-2

①毎月「5万円」
②積立て期間「40年」
③想定利回り「5%」

元本「2400万円」に対して、

運用結果

7630万円!

 

いかがでしょう!?

7000万もあれば、老後2000万問題など屁でもありません!

 

毎月5万円の投資は厳しくとも、ボーナス込みで考えれば、年60万円というのは決して不可能でない金額だと思いませんか!?

 

う~ん・・・月5万円か・・・
ちょっと頑張ってみようかな!

 

ただ、注意して頂きたいこととして「想定利回り」の数値についてです!

現在は、便宜上「5%」という数値を使用しています。

 

「5%」という数値は、過去の例でいえば十分に実現可能な数値なのですが、個人的には今後はこれ程の利回りを継続して享受できるとは思えません!

 

「4%」・・・いや、保守的に「3.5%」ぐらいかなぁ~?

 

①の入金力は頑張れば増やせます!

しかし、②の想定利回りだけは市場に委ねるしかありません!

 

最初から、あまりに高い利回りを想定し過ぎると、最終的に運用結果が想定より悪かった、な~んて結果になりかねません!

 

よって、きんぎょ的には利回りは「3.5%」程度で、保守的に想定した方が良いと考えます!

 

おほ~!
利回り「10%」なら「月5万」、「期間40年」で3億近く利益出てて草www

利回り「10%」なんて、非現実的やで~!

 

このことを考慮して計算しなおした結果がこちらです!

 

■条件-3

①毎月「5万円」
②積立て期間「40年」
③想定利回り「3.5%」

元本「2400万円」に対して、

運用結果

5223万円!

 

40年で約2倍ですね!

入金力次第ではまだまだ伸ばせそうです(^^♪

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

複利の力・・・
実感して頂けましたでしょうか?

 

我々自身では、利回り自体は決定できません!

入金力は頑張りしだいですが、限度があります!

 

その中で、我々に等しく与えられた「時間」を有効に活用することが「複利」を攻略するうえでは最も重要です!

 

投資は早めに初めて、時間を味方に「複利」で資産を殖やして参りましょう(^^♪

 

複利振興委員会会長 きんぎょ

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com