きんぎょの高配当投資で配当生活を目指すブログ

株で配当生活を目論む、オスきんぎょです

【激突 指数対決!】日本株メジャー指数の中で最も優れている指数とは!? 結果は驚きの結末!?  

もしかして・・・みんな同じ!?

 

こんにちは!
きんぎょです。

 

本日はみんな大好き\(^o^)/

指数の比較対決を行ってみます!

 

同じジャンルの指数同士を比較して、最も成績が良い指数を見つけ出そうというのが本企画!

 

どうせ投資するなら、成績がいい指数に投資したいんやで~!

 

いったい、何の指数を比べるの~?

 

今回比較するのは、

我らが「日本株指数」であります!

 

その中でも、代表的な以下の「5指数」を比較してみたいと思います!

 

■比較対象

①TOPIX

②TOPIX100

③TOPIXコア30

④日経平均株価

⑤JPX日経400

 

一体どんな結果となるのでしょうか!?

 

楽しみであります(^^♪

 

きんぎょも気になるぅ~!

 

 

 

指数の概要

 

それでは比較検証の前に、それぞれの指数についてザックリと解説してみましょう!

 

①TOPIX

東証1部(プライム)に上場しているすべての銘柄

 

②TOPIX100

TOPIXの中でも、知名度抜群の優良100銘柄を集めたメジャー集団

 

②TOPIXコア30

TOPIXの中でも、選りすぐりの上位30銘柄で構成されるスター集団

 

③日経平均株価

TOPIXの中の、各業界を代表する225銘柄の秀才集団

 

④JPX日経400

日本市場全体に於いて、時価総額、売買代金、ROE 等の財務・経営情報が優良と認められた400のエリート銘柄

 

どれも有名な、日本を代表する指数ですね(^^♪

 

この中でも、TOPIXなどは「約2000銘柄」も詰め込まれており、分散という意味では優れておりますが、斜陽企業や赤字会社も含まれており、正に「糞も味噌も一緒」の状態として、指数としての評判は芳しくありません!

 

東証1部になった銘柄は、内容にかかわらず、自動的にTOPIXに組み込まれちゃうからね!

 

最近は「プライム市場」に移行したから、変な会社は徐々に「プライム」から除外されていく予定だよ~

 

そんな中、このような「糞も味噌も」一緒くたの「TOPIX」を超える指数として誕生したのが、選ばれし優良銘柄を選定した「エリート指数」達であります!

 

TOPIX100は「100銘柄」

日経平均は「225銘柄」

JPX日経400は「400銘柄」

コア30に至っては、一握りの「30銘柄」しか選ばれることができません!

 

日本の株式市場から選ばれた、このようなエリート指数たちの中で、いったいどの指数のリターンが一番良いのか・・・

 

気になるじゃぁ、あ~りませんかぁ~?

 

早速、基準価格のデータを用いて各指数を比較してみましょう!

 

 

比較検証!

 

比較に用いたデータは、下記の投資信託のデータを参照しました。

 

①TOPIX

ニッセイ-TOPIXオープン

 

②TOPIX100

SBI-TOPIX100・インデックスファンド<DC年金>

 

③TOPIXコア30

One-コア30インデックス

 

④日経平均株価

One-日経225ノーロードオープン

 

⑤JPX日経400

三井住友DS-JPX日経400オープン

 

共通のデータが採れる、2015年1月からそれぞれ比較していきたいと思います!

 

一つ一つ比較していくよ~\(^o^)/

 

2015年1月~2022年4月

 

全体的に、「日経平均」が優位です。

「コア30」がいまいちです。

他はダンゴ状態です。

 

日経 > TOPIX ≒ コア100 ≒ JPX400 > TOPIX30

 

2016年1月~2022年4月

 

全体的に「日経平均」が優位です。

他はダンゴです。

しいて言えば、「コア30」が弱めですね。

 

日経 > TOPIX ≒ TOPIX100 ≒ JPX400 > コア30

 

2017年1月~2022年4月

 

全体的に「日経平均」が優位です。

他はダンゴです。

しいて言えば、「コア30」が弱めですね。

 

日経 > TOPIX ≒ TOPIX100 ≒ JPX400 > コア30

 

2018年1月~2022年4月

 

「日経平均」がやはり優位に見えます。

近年のバリュー優位の展開からか、ここへきて「コア30」と「TOPIX100」が盛り返してきました!

 

日経 > コア30 ≒ TOPIX100 > JPX400 ≒ TOPIX

 

2019年1月~2022年4月

 

コロナショックからの回復初期は「日経平均優位」でしたが、2021年の後半からは「コア30」や「TOPIX100」などの超大型銘柄が強いですね!

 

一方の「TOPIX」や「JPX400」は、相変わらずパッとしませんね(^^♪

 

コア30 > 日経 ≒ TOPIX100 > JPX400 ≒ TOPIX

 

2020年1月~2022年4月

 

こちらも同じ展開で、初期は「日経平均」の回復が早かったですが、後半は「コア30」や「TOPIX100」などの大型銘柄に抜かれています。

 

コア30 > 日経 ≒ TOPIX100 > JPX400 ≒ TOPIX

 

2021年1月~2022年4月

 

アフターコロナの2021年からの展開は今まで様相が異なります!

 

今まで好調だった「日経平均」ですが、ここへきてリターンを落としております!

 

近年は大型バリュー株の成績が良いということでしょうか!?

 

単に、2020年末に「日経平均」が爆騰した反動なだけじゃない!?

 

シャラップ!

 

コア30 ≒ TOPIX100 > JPX400 ≒ TOPIX > 日経

 

2022年1月~2022年4月

 

今年の相場展開はどうだったのでしょうか!?

 

昨年同様、「日経平均」が他に比べ弱い展開となっております!

 

そのほか、「コア30」も芳しくありません!

 

TOPIX100 ≒ JPX400 ≒ TOPIX > コア30 > 日経

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか?

 

最後にもう一度、2015年1月からの長期実績を確認してみましょう!

 

 

年別に区切って確認してみましたが、「日経平均」が総合的に一番強いのではないか、というのがきんぎょの結論です!

 

一番意外だったのが、「TOPIX」が意外と検討していたですね(^^♪

 

「TOPIX」の中でも選りすぐった「コア30」や「TOPIX100」、「JPX日経400」よりも、「糞も味噌も一緒のTOPIX」の方が意外と検討しているのが驚きです!

 

特に、鳴り物入りで登場した「JPX日経400」の弱さが目立ちます!

 

前述の年代別推移の中でも、「JPX日経400」だけ全くいい所がありませんでした(´;ω;`)

 

恣意的に400銘柄を選定したことにより、割高な銘柄(既に評価されている銘柄)が多く組み入れられてしまった結果なのでしょうか!?

 

よく言われているのが、「JPX日経400」に採用された時がその銘柄の最潮期で、組み入れられた時が株価も天井だ、ということが批判されております!

 

また、「TOPIX100」や「コア30」なども、超大型・超優良銘柄が選りすぐられているはずなのですが、結果としてはTOPIXと値動きに大して差が生じておりません・・・(´;ω;`)

 

このことからは、日本市場は「プライム」や「スタンダード」、はたまた「何とか指数」などの、様々なバリュエーションを用意しても、結局は中身がお粗末という問題で、盛り付ける「籠」にいくら変化を付けても無駄、というのが一部の識者から意見される始末です!

 

識者ってだ~れ?

 

どっかで読んだけど、忘れたで~

 

結局は、日本株のメジャー指数に投資するのであれば、「知名度」「流動性」「リターン」を兼ね備えた、「日経平均」に投資するのが一番良いのかもしれませんね(^^♪

 

そもそも日本株など投資対象外で草www

 

シャラップ!
日本株は今後有望なんやで~!

 

きんぎょ的には、近い将来「日経平均」は最高値を更新してくれるものと期待しており、日本株には強気のスタンスであります(^^♪

 

今は株が程よく値下がりしているので、資金に余裕がある方は、これを機に「日本株」に投資されてみてはいかがですか!?

 

日本株推進委員会

会長 きんぎょ

 

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com