きんぎょの高配当投資で配当生活を目指すブログ

株で配当生活を目論む、オスきんぎょです

高配当株の逆襲・・・時代はバリューシフトか!?

f:id:kinngyo92:20220113220638j:plain

今まで馬鹿にしやがって!

こんにちは!
きんぎょです。

連日のハイボラ相場!

今年に入ってから、相場は大荒れですね!
1月4日の初日の爆上げ以外、心休まる日がありません!

しかも、ただの上げ下げではなく、500円とか600円とか・・・
今まであれば月に1回クラスのハイボラティリティな値動きが続いております!

そんな相場展開の中でも、更にハイボラティリティなのがグロース銘柄。
連日厳しい下げに見舞われており、恐らく多くの個人投資家はボコボコにやられていると思います。
先だって、きんぎょも保有のハイグロ銘柄を1つ損切りしました・・・(´;ω;`)

ハイグロ系の銘柄は、ここ1週間、連日5%を超える下落を続けており、銘柄によっては去年の末から一気に半額近く下げたものもチラホラ・・・

きんぎょも個別株では大赤字です・・・(´;ω;`)

 

しかし・・・
下落するハイグロ銘柄たちの一方で、意外な強さを発揮しているセクターがあります。

そう!
我らが高配当ETFやで~!

 

グロースからバリューシフトか!?

なんだかよく分かりませんが、きんぎょの投資している東証高配当ETF達は、上場来高値を更新する勢いで上昇中です。

・・・
今までが上がらな過ぎただけじゃないの?

シャラップ!

なんだかよく分かりませんが、最近指数が下落しても、高配当系ETFは逆に上昇したりするなど、指数の逆を行く場面がよく見られるようになっています(逆に、指数が上がっても下がる場合もありましたが・・・)

これは一体どういうことなんでしょうね?
単純に指数を構成する銘柄たちが、最近のバリューシフトの影響で上昇しているだけなのか・・・

 

まとめ

個人的には高配当系ETFは今後数十年以上、配当をもらい続けるために永久保有を予定しているため売却するつもりは無く、したがって価格が上昇して含み益が出てもあまりうれしくはないのですが・・・

むしろ買い増すときに取得単価が上がってしまうため、ちょっと困るかも・・・

きんぎょの理想としては、高配当系ETFは、価格はヨコヨコで配当額だけが年々上昇していってもらうと嬉しいです!

もっと言うと、キャピタル狙いのグロース株が上昇して、それを利確したお金で高配当系ETFを買い増すという流れが最高なのですが・・・

今や高配当系が上昇し、グロースでボコボコに・・・

全くの真逆の状態やで~

いゃあ~
相場は分かりませんなぁ~

 

何にせよ、慌てて投げ売りして市場から撤退すると、将来得られるはずの利益や配当も逃してしまいます。

コロナショックの際でも、結局最後に笑ったのは最後まで市場に居た方たちです。

この先もこのまま下落していくのかは分かりませんが、例え第二のコロナショックが起きようとも辛抱強く市場に食らいついていきましょう!

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com