きんぎょの高配当投資で配当生活を目指すブログ

株で配当生活を目論む、オスきんぎょです

【ETF列伝】2083 NEXT FUNDS 日本成長株アクティブ上場投信 の評価とまとめ

期待大!?

 

こんにちは!

きんぎょです。

 

今回は「東証ETF業界」で話題沸騰中の「アクティブETF」について取り上げていきたいと思います(^^♪

 

東証ETF業界!?

 

日本の投資事業を牛耳る、一大業界団体なんやで~!

 

草www

 

 

去る2023年の半ば・・・

 

東証はインデックス運用に属さない「アクティブ型ETF」の上場を可能とする決定を下しました!

 

その改定を受け、さっそく2023年9月に日本のETFプロバイダーからアクティブ型のETFが次々と上場を発表!

 

最近話題の「高配当型」のアクティブETFが人気を集める中、ETFの巨人「野村アセットマネジメント」より、第一弾として「超王道」のアクティブETFが発売されたのであります!

 

え~!?
超王道~!?

 

・・・

 

いったい、どんなETFなの~💦

 

 

 

 

 

 

ETFの巨人・・・

 

 

 

 

 

野村アセットマネジメントが贈る、

アクティブETFの神髄とはこちらです!

 

 

 

 

 

 

 

ジャカジャン!

 

 

 

 

 

 

 

2083 NEXT FUNDS 日本成長株アクティブ上場投信
\(^o^)/

 

 

うぉぉおぉぉぉぉぉぉ!

 

す、凄~い!
成長性重視のアクティブETFなの~!?

 

個別企業の調査・分析によるボトムアップアプローチタイプの、コテコテ超王道のアクティブ運用なんやで~!

 

 

東証初のアクティブ型ETFの第一弾・・・

 

いったい通常のETFと何が違うのか・・・

 

気になるじゃあ、あ~りませんか~!?

 

きんぎょも気になるぅ~!

 

 

さぁ!

 

それでは早速、そんな超王道の「アクティブ型ETF」の中身を確認していきましょう(^^♪

 

 

成長株アクティブとは!?

 

指数に連動しないアクティブ運用型のETF・・・

 

文章にすれば単純な説明になってしまいますが、具体的にはどのような運用になっているのでしょうか!?

 

公式ホームページの説明を覗いてみましょう(^^♪

 

■運用方針

個別企業の調査・分析等に基づいたボトムアップアプローチにより、高ROEを維持できる「優良企業」への長期投資を中心に、ROE改善を期待できる「変身企業」に機動的に投資することで、株価の上昇を捉えることを目指す

 

ほぉ・・・

 

なんか凄そう(*´ω`*)

 

特徴的には「ROE」を重視している、という点でしょうか(^^♪

 

運用方針を読む限りでは、同じ投資対象でも、区分すると「以下の2つの種類」の企業に投資するという事のようです。

 

・現在「高ROE」である「優良企業」

・現在の「ROE」は芳しくないが、将来性がある(将来ROEが改善しそうな)「変身企業」

 

説明文によると・・・

 

■なぜ「ROE」なのか?

・ROEは、企業の「競争力」や「事業展開力」を反映する

・高ROEを維持できる企業は、株主資本を着実に積み上げることが可能と考える

・長期的な株価は株主資本の積み上げによって形成されると考え、中長期で高ROEを維持できる企業を中心に投資することで、高いパフォーマンスを獲得できると考える

 

■「高ROE持続銘柄群」のパフォーマンス

・高ROEを維持する銘柄(「高ROE持続銘柄群」)は、そうでない銘柄と比較してパフォーマンスが良い傾向

・優良企業の選定にあたっては、こうした銘柄を見極めることが重要であり、独自のビジネスモデル、競争優位性、収益構造、マネジメントクオリティなどを評価して、優良企業を発掘する

 

 

要するに・・・

 

①ROEが高い企業は「競争力がある」=「優良企業」である

②高ROEを長い間維持しているということは、一過性ではなく本当の実力がある企業である

③故に、高ROEを持続できている企業は将来的にも成長が期待できる

 

・・・というような感じでしょうか(^^♪

 

不人気化した「JPX日経400」は、現在のROEに着目し過ぎるという「指数の欠陥」を指摘されていましたが、ROEの持続性に着目した点は素晴らしいかと思います!

 

一過性でなければ、高ROEを維持できる企業は期待大なんやで~!

 

将来性も抜群だよね(^▽^)/

 

将来の高ROEへの「変身企業」の選定については、野村が誇る「アナリスト軍団」が独自取材や調査分析を行った「珠玉の銘柄群」が採用されているハズなので、こちらについても期待したい所ですね(^^♪

 

最終的には「優良企業」「変身企業」を吟味し、60~80銘柄に厳選したポートフォリオを構築するとのこと・・・

 

高い金払っとんのやから、期待させてもらわんとなぁ~?

 

10バガー、ザクザクになっちゃう!?

 

期待し過ぎで草www

 

天下の「野村」のリサーチ力に期待ですね(^^♪

 

 

ETFの概要

 

最新の月報から、ETFの各種内容を見てみましょう!

 

2083 NEXT FUNDS 日本成長株アクティブ上場投信
(2023.10.31時点)

・純資産額・・・25.0億円
・信託報酬・・・0.625%(税抜き)
・株価・・・1807.33円
・利回り・・・未定
・決算期・・・1・7月
・マーケットメイク制度・・・対象
・上場日・・・2023.09.07
・管理会社・・・野村アセットマネジメント

 

上場してから数か月の、出来立てホヤホヤのニューカマーであります(^^♪

 

そのため、純資産額もまだ「25億円」と小額ですが、着実に金額を積み上げてきており、今後の活躍に期待したい所です!

 

アクティブ型なので、インデックス型と比べて信託報酬は「0.625%(税抜き)」と高めですが、一般のアクティブ型投資信託と比べれば格安、と言って良いのではないでしょうか!?

 

最近はアクティブ投信も低コスト化してきたけど、「0.625%」はかなり低額とちゃうんけ~?

 

圧倒的に低コストだよ~(^▽^)/

 

地味に嬉しいのが、売買単位が「1株」という所ですかね!?

 

従来のETFにありがちな、単元株制度ではなく、1株単位で取引が可能というのは、我々零細投資家にとっては嬉しい所ですね(^^♪

 

最近は1株単位のETFも増えてきたんやで~!

 

小額から投資できるのが嬉しいよね(^▽^)/

 

 

構成銘柄は!?

 

前述のとおり、構成銘柄は60~80銘柄が基本となっております!

 

ホームページより最新の「組み入れ銘柄一覧」を確認してみましょう(^^♪

 

■構成銘柄

No. 銘柄コード 銘柄 純資産比率
1 6981 村田製作所 3.57%
2 6501 日立製作所 3.39%
3 8113 ユニ・チャーム 3.14%
4 1925 大和ハウス工業 3.12%
5 4063 信越化学工業 3.07%
6 4543 テルモ 2.97%
7 8035 東京エレクトロン 2.86%
8 9432 日本電信電話 2.77%
9 4684 オービック 2.70%
10 8001 伊藤忠商事 2.47%
11 4403 日油 2.38%
12 6976 太陽誘電 2.32%
13 4686 ジャストシステム 2.31%
14 4768 大塚商会 2.29%
15 6146 ディスコ 2.25%
16 8750 第一生命ホールディングス 2.24%
17 6871 日本マイクロニクス 2.14%
18 6902 デンソー 2.08%
19 6055 ジャパンマテリアル 2.04%
20 7202 いすゞ自動車 2.01%
21 6324 ハーモニック・ドライブ・システムズ 1.97%
22 2413 エムスリー 1.93%
23 8354 ふくおかフィナンシャルグループ 1.86%
24 4516 日本新薬 1.84%
25 4519 中外製薬 1.83%
26 9433 KDDI 1.77%
27 4704 トレンドマイクロ 1.74%
28 4088 エア・ウォーター 1.71%
29 5101 横浜ゴム 1.65%
30 6758 ソニーグループ 1.64%
31 4552 JCRファーマ 1.58%
32 4812 電通国際情報サービス 1.50%
33 9983 ファーストリテイリング 1.49%
34 4021 日産化学 1.45%
35 4071 プラスアルファ・コンサルティング 1.42%
36 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 1.33%
37 2875 東洋水産 1.25%
38 6861 キーエンス 1.16%
39 7747 朝日インテック 1.12%
40 5706 三井金属鉱業 1.11%
41 6098 リクルートホールディングス 1.08%
42 3774 インターネットイニシアティブ 1.04%
43 9143 SGホールディングス 0.96%
44 4062 イビデン 0.80%
45 6368 オルガノ 0.74%
46 7741 HOYA 0.66%
47 4189 KHネオケム 0.58%
48 9843 ニトリホールディングス 0.57%
49 4203 住友ベークライト 0.50%
50 8876 リログループ 0.49%
51 6869 シスメックス 0.47%
52 4919 ミルボン 0.47%
53 6723 ルネサスエレクトロニクス 0.43%
54 3769 GMOペイメントゲートウェイ 0.43%
55 7532 パン・パシフィック・インターナショナルホ 0.40%
56 7832 バンダイナムコホールディングス 0.38%
57 3923 ラクス 0.35%
58 3038 神戸物産 0.32%
59 6367 ダイキン工業 0.27%
60 6273 SMC 0.23%
61 6315 TOWA 0.22%
62 8919 カチタス 0.20%
63 9697 カプコン 0.14%
64 8766 東京海上ホールディングス 0.11%
65 7309 シマノ 0.07%
66 6383 ダイフク 0.06%
67 2127 日本M&Aセンターホールディングス 0.02%
68 3064 MonotaRO 0.02%

 

ほぉ・・・

 

結構インデックスと違うね!

 

メインは有名企業が中心ですが、中には珍しい企業も多く、面白いですね(^^♪

 

昔のアクティブ投信にありがちな、「実態はインデックスと同じ」という「なんちゃってアクティブ」ではなく、エッジが効いた銘柄選定なのは好感が持てます!

 

ホームページの「商品概要」によると、対TOPIXのアクティブシェアは圧巻の「79.3%」と、アクティブ運用の醍醐味を感じさせてくれる構成であります!

 

■アクティブシェアとは!?

アクティブ・シェアとは、投資信託の中身が、その投資信託がベンチマークとしている指数の中身とどの程度違うかを示す数値の一つです。つまり、ベンチマークを上回る投資成果を目指すアクティブ運用ファンドが、実際にどの程度アクティブな(ベンチマークと異なる)運用をしているかを知るための指標です。

アクティブ・シェア比率は0%から100%の間の数字で示されます。ベンチマークと全く同じであれば0%、ベンチマークとすべて異なるのであれば100%となります。数値が高いほど、独自の運用を行なっていることになります。

アクティブ・シェアとは | 投資信託の投信資料館 (toushin.com)

 

まさに「ザ・アクティブ」なんやで~!

 

インデックスと銘柄がかぶらないから、サテライトにピッタリだよ~!

 

 

配当利回りは!?

 

 

未定(2023.10.31時点)

 

 

まだ上場したてで、分配実績がないため、利回りは未定です(^^♪

 

しかしながら、月報には「ポートフォリオ特性値」として、配当利回りが「1.7%」と表示されているので、これに近い利回りであることが想定されます!

 

ちょっと低い?

 

インカム重視じゃなくて、あくまでキャピタル重視やからしょうがないんやで~💦

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか!?

 

東証初のアクティブETF・・・

 

気になってきたのではないでしょうか!?

 

 

上場当日には、本ETFの他にも5本のアクティブETFが上場していましたが、本ETF以外は「高配当」や「低PBR」などのテーマ型的なアクティブETFとなっています!

 

そんな「色物」が多いアクティブETFの中で、本ETFは「ザ・王道」といっても良いアクティブETFなので、きんぎょとしては非常に期待しているところであります(^^♪

 

日本投資界の覇者、「野村」が満を持して設定した、業界初のアクティブETFということもあるので、運用成果にも期待大です!

 

月報によると、運用数か月の現状では、残念ながらTOPIXをアンダーパフォームしていますが、将来的な大化けも期待して、長い目で見守っていきたい所ですね(^^♪

 

ワイも新NISAの成長投資枠での購入を検討しているんやで~!

 

将来的な値上がりを期待しているよ~(^▽^)/

 

 

業界初のアクティブETF・・・

 

ETFの巨人「野村アセットマネジメント」が満を持して設定した本ETFですが、長期的にインデックスを上回ることができるでしょうか!?

 

今後の成績に期待したい所であります(^^♪

 

 

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com

 

※本記事は管理人の主観に基づく個人的見解です。最終判断はご自身の責任にて行われるよう、お願い致します。