きんぎょの高配当投資で配当生活を目指すブログ

株で配当生活を目論む、オスきんぎょです

激辛料理番組について、物申す

f:id:kinngyo92:20211129215204j:plain

唐辛子金魚だよ~^^;

2022.02.11リライト

こんにちは!
きんぎょです。

 

皆さんは辛い食べ物は好きですか?

きんぎょは辛い物はちょっと苦手・・・

そりゃあ、ちょっと唐辛子入っている程度であれば、辛くておいしいね!ってなりますが・・・

 

今回はそんな「激辛料理」について物申します・・・

 物申すよ~( `ー´)ノ

 

最近の激辛料理について

激辛料理・・・飲食業界では昔から根強い人気を誇っています!

しかし、昨今のテレビ番組で紹介されているような「激辛料理」とは、そんな「ちょっと辛いね」なんていう範疇を超えて、想像を絶する辛さなのだと思います。

 

きんぎょが好きなテレビ番組に「有吉ゼミ」がありますが、大食いとかの他に、たまに特別な「激辛料理」を制限時間内に食べれるか、ということをやっています。

きんぎょも実は大好きなので、よく見てるよ~(^^♪

 

でも・・・

 

見ていて・・・

 

いつも思うんですけど・・・

 

あれもう料理じゃなくて、
ただの「劇物」じゃね?

と・・・

 

あの辛さで食べられるの!?

あの香辛料の投入量からして、既に「美味しく食べられる」という範疇を超えてませんか?

もうね・・・人が食べれるレベルを超えていますよ

 

きんぎょは昔から不思議と思っていましたが・・・

 

激辛料理って・・・

 

とても食べられない辛さのものでも料理として許される

 

そんな風潮、ありませんか?

あるあるぅ~www

でも考えてみてください・・・

もしこれが「激辛料理」ではなく、

「激塩辛料理」

だったとしたら・・・

 

もし「劇塩辛料理」だったら・・・

仮に「通常の50倍の塩を投入した、超しょっぱ塩ラーメン」というものがあったとしても、誰も食べませんよね?

 

例えここまでではないにしても、

通常より塩辛い塩ラーメンです

とメニューに書いてあったとします。

 

それを注文した結果、とても塩辛いくて食べられなかったら・・・

海原雄山「このラーメンを作ったのは誰だぁ!女将を呼べぇぃ!!」

となりませんかね?

 

少なくとも、食べられない自分が悪いんではなく、こんな食えないレベルの塩辛いラーメンを作った店が悪い・・・と思いませんか?

 

しかし、これが「激辛料理」となると話が変わってくるのが不思議なところ

 

例え注文した料理が激辛すぎて食べれなかったとしても、

僕にはこの辛さは無理みたい・・・ごめんね(´;ω;`)

などと、なぜか自分が食べられなくて情けない・・・というように考え、潔く身を引いていませんか?

 

何故「激辛」許されるのか?

全く不思議なもんですよねぇ~
やってることは同じはずなんですが・・・

 

特にテレビを見てると、

「ハバネロの50倍辛いデスソース付けの肉」とか、「スープには何とか唐辛子の粉末をこれでもかとぶち込む」とか・・・やばい量の唐辛子を投入しております・・・

もう完全に兵器やで・・・

でもこれが唐辛子でなく「塩」だったらどうなっていたでしょうか?

 

「通常の食塩の50倍塩辛い塩漬けにした肉」とか、「岩塩を大量にぶち込んだ海水以上にしょっぱいスープ」とか・・・

 

も食べたいと思わないし、もし出てきたらクレームもんですよ。

 

でもこれが、同じ「食べられない」レベルなのに「激辛」だけが許される・・・

不思議なもんです。

 

まとめ

以上、
激辛料理番組を見て、思ったことでした・・・

 

ちなみにきんぎょは、唐辛子系の辛みは苦手ですが、山椒系の辛みは大好きです(^^♪

四川風麻婆豆腐とか、
久しぶりに食べたいんやで~

 

皆さんも、激辛は程々に・・・

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com