きんぎょの高配当投資で配当生活を目指すブログ

株で配当生活を目論む、オスきんぎょです

待望の「新NISA」への積立て設定が完了\(^o^)/ きんぎょは まさかの「あのファンド」を投資先に決定!?

アクティブ金魚!

 

こんにちは!

きんぎょです。

 

早いもので、今年ももう12月ですね(^^♪

 

2023年もあと少しで終わりです!

 

もぉ~
い~くつ
寝ぇ~るぅとぉ~
しぃんにぃいさぁ~♪

 

お正月には~
株買ってぇ~♬

 

なぁがく寝かせて
儲けましぉ~♪

 

はぁ~(*´Д`)

 

やく~
こぉいこい~♬

 

しぃんにぃいさぁ~♪

 

草ぁwww

 

 

新NISA到来!

 

このように、投資マニアの間で話題沸騰中な「新NISA」ですが、皆様は既に投資先を決定したでしょうか(^^♪

 

選択肢が豊富で柔軟な使い方が可能な「成長投資枠」はともかく、積立て設定が必要な「積み立て投資枠」は、どんな投信を積み立てるか悩みどころですよね!

 

SBI証券などのネット証券では、本番1か月前の12月には既に「新NISA」の積立て設定の登録が開始しております!

 

現金積立てはともかく、「クレカ積み立て」の場合は締め切りも早く、既に1月分の登録期限は過ぎております!

 

そういえば、クレカ積み立ての設定期限って、結構早いんだよね・・・

 

ボケ~っとしとると乗り遅れてしまうんやで~!

 

そんな「積み立て投資枠」ですが、きんぎょも当然抜かりなく、1月分より積立て設定を登録いたしました!

 

果たしてきんぎょは、いったいどの投信を積立てることにしたのでしょうか!?

 

え~!?
どうせ今まで通り「eMaxis Slim」のどれかでしょ~!?

 

・・・

 

オールカントリー!?
それともS&P500~!?

 

・・・

 

いったいどの投信にしたの~💦

 

 

 

 

 

 

 

きんぎょが新NISAの「積み立て投資枠」に選んだ投資信託・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

その投信とはこちらです!

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャカジャン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用)\(^o^)/

 

 

え~!?
キャピタル世界株式ファンド~!?

 

まさかの「アクティブファンド」なの~💦

 

せやで!
2024年からの新NISAは、思い切って「アクティブファンド」で行くんやで~!

 

 

キャピタル世界株式ファンド!

 

 

そうなのです!

 

きんぎょは「旧積み立てNISA」では「eMaxis Slim全世界株(除く日本)」という、超低コストインデックスファンドを選択していましたが、新NISAでは趣向を変えて、バリバリの「アクティブファンド」を積み立てることを決定いたしました\(^o^)/

 

そして、積み立て認定を受けた貴重なアクティブファンドの中でも、きんぎょが選択したのは、世界に冠たるアクティブ運用の雄「キャピタルグループ」が手掛ける世界株ファンド「キャピタル世界株式ファンド」であります!

 

え~!?
キャピタルグループ~!?

 

・・・

 

確かに有名な会社だけど、外国のアクティブ運用会社のファンドだと、凄いコストになるんじゃないの~💦

 

 

 

確かに・・・

 

キャピタル世界株式ファンドはリーマンショック前の2007年から設定・運用されている超古参のファンドで、純資産額も5000億円以上集める有名ファンドですが、信託報酬は税抜き「1.54%」と、昨今の超低コストインデックスファンドに慣れてしまった現代投資家の眼には割高に映ってしまう事でありましょう!

 

しかしながら、このような割高のコストを負担しているにもかかわらず、トータルリターンとしてはかなり健闘しており、長期的な成績としては、インデックスファンドの成績にも負けないほどの実力を有している、ときんぎょは期待しております(^^♪

 

また、確かに今まではインデックスファンドが全盛で、低コストのファンドが貴ばれる世の中でしたが、今後は「糞も味噌も」丸ごと買い付けるインデックスファンドよりも、真に優良な銘柄のみを厳選するアクティブファンドに優位性がある時代が来ると考えております!

 

今までは確かにインデックスの時代だったけど・・・

 

今後もインデックスが優位かどうかは分からんのやで~!

 

インデックス投資が浸透したことによって、逆に市場に歪みが出てくることも考えられるんやで~!

 

コストがかかっても、最終的なリターンが良ければモーマンタイだよ~(^▽^)/

 

2020年代はアクティブファンドの時代かもなんやで~!

 

でも、そうはいっても信託報酬1.5%以上はちょっと高ひ・・・(´;ω;`)

 

もう少しコストが安くて、優良なアクティブ投信はないの~!?

 

 

実はきんぎょも、以前からこの「キャピタル世界株式ファンド」は狙っていたのですが、高額な信託報酬に怖気づき、興味はあっても投資できず、二の足を踏んでおりました・・・(´;ω;`)

 

もう少し・・・

 

もう少し信託報酬を下げてくれれば・・・

 

そんなあなたに朗報です!

 

!?

 

 

なんと!?

 

同じ「キャピタル世界株式ファンド」でも、積立てNISAに併せて「より低コストなラインナップ」が存在するではありませんか!?

 

き、君の名は!?

 

 

 

 

 

 

 

そのファンドとはこちらです!

 

 

キャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用)\(^o^)/

 

 

え~!?
DC積立て専用~!?

 

せやで!
DC・ideco・積立てNISA専用の、運用はそのままに、コストだけ低コスト化したお得なファンドなんやで~!

 

 

そうなのです!

 

キャピタル世界株式ファンドのラインナップの中には、「DC・ideco・積立てNISA専用」に低コスト化された、お得な専用ファンドが存在するのであります!

 

 

信託報酬はなんと「0.98%(税抜き)」!

 

 

通常の「1.54%」と比べると、大幅なコストダウンであります\(^o^)/

 

うぉぉおぉぉぉぉぉぉ!

 

す、凄~い!
税抜きで1.0%以下だよ~!

 

アクティブファンドでこのコストは嬉しいんやで~!

 

これなら、長期投資も安心だよ~(^▽^)/

 

キャピタルグループさん、ありがとぉおおおお!

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか!?

 

皆様は積み立て投資枠のファンド設定は、既にお済みでしたでしょうか(^^♪

 

昨今の投資業界の流れでいえば、低コストのインデックスファンドを積み立てることが王道なのでしょうか、ひねくれ者のきんぎょは「あえて」別の選択肢に進んだのであります!

 

 

すなわち!

 

 

アクティブファンドという選択肢、であります\(^o^)/

 

確かに「eMaxis Slim」のオールカントリーやS&P500に投資しておけば無難なのでしょう・・・

 

しかしながら、今までインデックス投資が優位だったのは、「インデックス投資が優位だという意見が一般的ではなく」、「まだあまりインデックス投資が盛んではなかった」時代だったからであり、インデックス全盛となった現在では、市場の歪みを付く「アクティブ運用」に妙味が出てくるのでは!?、というのがきんぎょの見立てであります!

 

時代がインデックスからアクティブに変わってくる可能性も微レ存!

 

アクティブファンドの低コスト化も、パフォーマンスに寄与するかも!?

 

アクティブファンドも、昔みたいなぼったくりファンドばかりじゃなく、優良なファンドも多くなっているんやで~!

 

また「旧積み立てNISA」では投資枠の再利用ができなかったため、貴重な投資枠で冒険もできず、無難にインデックス投資が正解だったかもしれませんが、今後は投資ファンドに失敗したとしても、売却して再挑戦が可能な点もアクティブ投資を選択した理由の一つでもあります(^^♪

 

 

 

このように、きんぎょとしては今後はアクティブファンドの逆襲があると考えているため、せっかくの積み立て投資枠では少し冒険して、アクティブファンドを選択いたしました!

 

そしてアクティブファンドの中でも定評があり、コストも比較的優良なキャピタル世界株式ファンド(DC年金つみたて専用)を選択した次第であります!

 

実は今までSBI証券で取り扱ってなかったけど、新たに取り扱いが開始されたんやで~!

 

ずっと狙っていたから、嬉しいニュースだよ~(^▽^)/

 

 

きんぎょの「アクティブファンド選択」が吉と出るか、凶と出るか・・・

 

結果を確認できるのはまだまだ先ですが・・・

 

皆様も新NISAを機に、アクティブファンドも投資先の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか(^^♪

 

 

アクティブファンド愛好協会

会長 きんぎょ

 

www.capitalgroup.com

 

 

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com

 

※本記事は管理人の主観に基づく個人的見解です。最終判断はご自身の責任にて行われるよう、お願い致します。