きんぎょの高配当投資で配当生活を目指すブログ

株で配当生活を目論む、オスきんぎょです

【悲報】日本株が爆騰するも、きんぎょのポートフォリオは無反応・・・(´;ω;`) 株価上昇は大型株主体の中、中小型株への逆風はまだ続くのか!?

うぉぉおぉぉぉぉぉぉ\(^o^)/

 

こんにちは!

きんぎょです。

 

新年早々、日本株の爆上げが止まりません!

 

大発会こそ下げて終了いたしましたが、その後は怒涛の急騰劇を演じ、日経平均は遂にバブル後最高値の「35000円台」を突破!

 

たった2週間で、一気に「3000円」も株価が上昇したのであります\(^o^)/

 

うぉぉおぉぉぉぉぉぉ!

 

す、凄い上昇だよ~💦

 

ば、爆騰なんやで~!

 

 

マイポートフォリオは!?

 

このように、お祭り騒ぎの様相を呈している日本株市場ですが・・・

 

果たしてきんぎょの持ち株も爆騰しているのでしょうか!?

 

え~!?
TOPIXも急騰してるんだから、当然マイポートフォリオも急上昇でしょ~!

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに、日経平均やTOPIXは急騰していますが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きんぎょの個別株ポートフォリオは、TOPIX程の上昇を全く享受できておりません・・・(´;ω;`)

 

 

え~!?
そんなぁ~(´;ω;`)

 

中小型株主体のワイのポートフォリオは、大型株主体の日経平均に大きく出遅れてしまっているんやで~💦

 

 

グロース系は不調!?

 

 

そうなのです!

 

世間では「日経平均がバブル後の最高値」などと騒いでおりますが、急騰している株の多くは日経平均に採用されている大型株や、最近人気の高配当株ばかりで、中小型株を主体としたグロース系の成長株は一転して絶不調なのであります!

 

海外投資家の買いなども増えているようですが、海外の大口投資家は流動性の観点から、時価総額の低い中小型株にはなかなか投資できません!

 

その結果、資金が大型株に集中し、大型株を中心に株価が急騰!

 

そして株価が急騰した大型株に更に資金が集まる、という好循環が形成されているのです!

 

最近の大型バリュー株の逆襲はすさまじいんやで~!

 

一説には、中国の投資家も自国を見限って、中国市場に上場している日本株ETFを買い始めているらしいよ~(^▽^)/

 

一方で、大型株の急騰を横目に見ている中小型株投資家も、バスに乗り遅れるなということで、値動きが芳しくない中小型株を売却し、大型株へ投資するなどの資金シフトも起こっているとみられるので、最近の中小型株は株価も不調に陥ってしまっております!

 

絶好調な日経平均を尻目に、中には上場来安値をたたき出す中小型株も多いとか・・・

 

うぎゃぁぁああああ!

 

一転して含み損だよ~(´;ω;`)

 

な、なぜじゃぁ~!

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか!?

 

最近の日本株の快進撃・・・

 

皆様もガッポリ儲けておりますでしょうか(^^♪

 

 

前述のとおり、きんぎょのポートフォリオに組み入れている個別株は中小型株が主体なので、最近の日本株爆騰には全くついていけておりません・・・(´;ω;`)

 

もちろん、昨年末比で上昇していることには上昇しておりますが、日経平均に比べるとお話にならないレベルであります\(^o^)/

 

他の投資ブロガーさんの記事を拝見していても、きんぎょのように指数に出遅れている方が多い印象でした・・・

 

うぎゃぁぁああああ!

 

こ、こんなことなら日経平均のETFを買っておけばよかったよ~💦

 

REITも右肩下がりでしんどいんやで~!

 

 

確かに、指数に投資していれば現時点では成功だったかもしれませんが、個別株には夢があるのもまた事実・・・

 

特に、中小型の成長株には「テンバガー」という大きな夢があります!

 

たとえ今一時、指数に出遅れてしまったとしても、近い将来に再度訪れるであろう「成長株回帰」の際には、きんぎょの保有する中小型株達が爆騰することを期待したいところであります\(^o^)/

 

今出遅れてても、将来的に「テンバ」すればモーマンタイだよ~(^▽^)/

 

最後に笑うのはワイなんやで~!

 

 

株価が絶不調な中小型株ですが、逆に考えると今が絶好の仕込み時かもしれませんね(^^♪

 

 

中小型株愛好会

会長 きんぎょ

 

 

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com

www.kinngyo92.com

 

※本記事は管理人の主観に基づく個人的見解です。最終判断はご自身の責任にて行われるよう、お願い致します。